トランプ大統領「米朝首脳会談は北朝鮮にとって偉大な出来事」
トランプ大統領「米朝首脳会談は北朝鮮にとって偉大な出来事」
  • The Korean Politics編集部
  • 承認 2018.05.24 11:30
  • コメント 0
記事を共有します

トランプ大統領は6月12日に予定された米朝首脳会談で、北朝鮮の金正恩委員長と成果を挙げる「良い機会」が依然として存在することを信じると明かした。

トランプ米大統領は米朝首脳会談を肯定的にとらえる発言を、24日(現地時間)に米国で放映される「フォックス&フレンズ」のインタビューで行った。番組側は23日、トランプ大統領のインタビューを簡略に紹介した。

トランプ大統領はインタビューの中で、米朝首脳会談が開催されると保障することはなかったが、前進していくだろうと楽観的な見解を示したとした。

ドナルド・トランプ米大統領。
ドナルド・トランプ米大統領。

同大統領は「今、我々はそれを見ているし、我々はそれについて話している。そして彼らは我々と話している」とし、「我々は特定の条件(certain conditions)を持っている。我々はどんなことが起きるのか見るだろう」と述べた。

そして「しかし良い機会がある。万一それ(米朝首脳会談)が起こるならば、北朝鮮にとって偉大な出来事になるだろう」とする一方。「世界のために偉大な出来事になるだろうから、我々は何が起こるか見守っていく」とした。

トランプ大統領は22日(現地時間)、韓国の文在寅大統領と首脳会談を行う前に持った記者会見の場でも「シンガポール会談が開かれるか開かれないかは様子を見るべき」とし、「もしそれが開かれるのならば、とても良い出来事になるだろう」と語っていた。一方、「もし開かれなければ、それでも大丈夫だ」とも述べている。
 


関連記事