北朝鮮が豊渓里核実験場を爆破…AP「北朝鮮当局の説明に依存」
北朝鮮が豊渓里核実験場を爆破…AP「北朝鮮当局の説明に依存」
  • The Korean Politics編集部
  • 承認 2018.05.24 20:39
  • コメント 0
記事を共有します

【元山(ウォンサン、北朝鮮)=ニューシス】写真共同取材班=北朝鮮の案内員が23日、政府の輸送機で北朝鮮の江原道元山葛麻飛行場に到着した韓国の共同取材団を案内している。
【元山(ウォンサン、北朝鮮)=ニューシス】写真共同取材班=北朝鮮の案内員が23日、政府の輸送機で北朝鮮の江原道元山葛麻飛行場に到着した韓国の共同取材団を案内している。

北朝鮮は24日午後、咸鏡北道吉州郡豊渓里(プンゲリ)核実験場で、海外メディアの取材陣が参観する中、「核実験場廃棄」式典を実施した。

APなど現場を参観した取材陣はこの日、爆発音を聞いたものの、核実験場の廃棄の状況については、北朝鮮当局の説明に大きく依存している状態だと伝えている。

同日あった爆発は、数時間にかけ何度も起きており、地下坑道3か所と周辺の観察台などが破壊の対象だった。

なお、参観した総勢30人の取材陣のうち、大部分がテレビクルーであり、特に核査察を専門とする人員は招待されなかった。このため、今回の「爆破行事」の価値は未知数といえる。