「向かい合って問題解決を」…米朝会談中止受け、北側が談話
「向かい合って問題解決を」…米朝会談中止受け、北側が談話
  • 徐台教(ソ・テギョ) 記者
  • 承認 2018.05.25 10:52
  • コメント 0
記事を共有します

北朝鮮の金桂冠(キム・ゲグァン)第一外務次官は25日朝、朝鮮中央通信に発表した談話の中で、トランプ米大統領が米朝首脳会談を中止したことに関し「意外なことであり、とても遺憾だ」とした。
その上で、「朝鮮半島と人類の平和と安定のために全てを行うという目標と意志に変わりはなく、米国側に時間と機会を与える用意がある」と交渉決裂は否定した。

談話ではまず、米朝会談は「世界が非常な関心を寄せる歴史的な首脳会談」であるとし、「その準備も最終段階で進められていた」と現状を整理した。

また、「数十年にわたる敵対と不信の関係を清算し、米朝関係改善の新しい里程標を作ろうとする我々の真摯な模索と積極的な努力は内外の共感と支持を得ている」とも述べ、体制内部に米朝対話に対する不協和音が無い点をアピールした。

次いで、トランプ大統領大統領が「突然、すでに既定事実化していた米朝首脳会談を取り消すという公式の立場を発表した」とし、その理由について「わが外務省の崔善姫(チェ・ソニ)外務次官の談話内容に『大きな怒りと露骨な敵対感』が含まれていた」という同大統領の公開書簡の内容を引用し伝えた。

「トランプ大統領を高く評価してきた」

金次官はさらに、「(今回)起きた事態は、歴史的な根が深い米朝敵対関係の現状がいかに厳重で、関係改善のための首脳会談がどれほど切実に必要であるかを見せつけている」と米朝対話の必要性を強調した。

北朝鮮の金桂冠(キム・ゲグァン)第一外務次官。写真は韓国統一部より。
北朝鮮の金桂冠(キム・ゲグァン)第一外務次官。写真は韓国統一部より。

そしてトランプ大統領に対しては、「過去、どの大統領も下せなかった勇断を下し、首脳会談という重大な事変を作るために努力してきたことに対し、內心、高く評価してきた」と持ちあげた上で、「突然の会談中止は我々にとって意外なことであり、とても遺憾だ」と吐露した。

一方で、南北首脳会談に対する見解も明かした。金副相は「我々は歴史的な米朝首脳会談自体が、対話を通じた問題解決の第一歩であり、地域と世界の安全、(米朝)二国の関係改善において、意味のある出発点になるという期待を持って、誠意ある努力を果たしてきた」と、まず会談ありきという姿勢を示した。

金正恩委員長の代弁も

続いて、「『トランプ大統領方式』が双方の憂慮を同様に解消し、我々の要求条件にも符合し、問題解決において実質的に作用する懸命な方案になることを期待もしていた」と語った上で、「我が国務委員長(金正恩氏)におかれても、トランプ大統領と会ったら良い成果を挙げられるとしながら、そのための準備に全ての努力を傾けてきた」と最高指導者の立場を代弁した。

金次官はまた、「それにもかかわらず、米側の一方的な会談の中止公開は、我々にとってこれまで傾けてきた努力と、新たに選択し進むこの未知が正しいのかと考え直させずにいられない」と告白した。

そして最後に、「朝鮮半島と人類の平和と安定のために全てを行う我々の目標と意志には変わりがなく、常に大胆で開かれた気持ちで米側に時間と機会を与える用意がある」とし、「出会って一つずつ段階ごとに解決していくならば、今よりも関係が悪くなることは無い点を熟慮すべき」と語りかけた。

その上で、「いつ、どんな方式でも向かい合って問題を解決する用意があると米側に再度明かす」と結んだ。


関連記事