米国務省「板門店で米朝実務会談を開催中」
米国務省「板門店で米朝実務会談を開催中」
  • The Korean Politics編集部
  • 承認 2018.05.28 12:25
  • コメント 0
記事を共有します

米国の国務省が、米朝首脳会談に先立つ実務会談が板門店で行なわれていると明かした。
米朝の実務会談が行なわれている板門店の北側施設「統一閣」。5月26日には今年2度目の南北首脳会談が行われた。写真は青瓦台提供。
米朝の実務会談が行なわれている板門店の北側施設「統一閣」。5月26日には今年2度目の南北首脳会談が行われた。写真は青瓦台提供。

27日(現地時間)、NBCニュースなどによるとヘザー・ナウアート国務省報道官は声明を通じ「米国政府の代表団が板門店で北朝鮮当局者たちと会談を行っている」と発表した。同報道官はさらに「我々はトランプ大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長との間での会談を、継続して準備している」と付け加えた。

これに先立ち、米紙ワシントン・ポストはソン・キム元駐韓米大使(現フィリピン大使)を筆頭とする米国政府代表団が実務会談に参加するために北朝鮮を訪問したと伝えた。

同紙は消息通を引用し、ソン・キム大使と、アリソン・フッカー国家安全保障会議(NSC)朝鮮部長、国務省のランドール・シュライバー次官補(アジア太平洋担当)が共に板門店の北側に渡っていったと伝えた。

米国政府の代表団は、板門店の北側施設「統一閣」で北朝鮮の崔善姫(チェ・ソニ)外務次官を会う予定だ。ワシントン・ポスト紙は実務会談が28日または29日まで続くと予想した。この実務会談は、北朝鮮の核問題に焦点を合わせ行なわれるものと見られる。

これにより、一度は中止となった米朝首脳会談実現の可能性に対する期待が高まっている。

トランプ大統領は前日、ホワイトハウスで「多くの人々が働いている。とてもよく進んでいる」と実務会談が続いていることを確認した。同大統領は「我々は6月12日のシンガポールをうかがっている。この点は変わっていない。とてもうまくいっている。どうなるか見守ろう」と語った。

一方、国務省のサラ・ハッカビー・サンダース報道官は同日、シンガポールで開催される可能性のある米朝首脳会談に備え、「ホワイトハウスの事前準備チームがシンガポールに向かう予定」と明かした。

(ソウル=ニューシス、編集・翻訳:本紙編集部)


関連記事